◆2010年度 グローバルビジネスサロン(第3回)

中国と台湾、ECFA調印、日台アライアンスに新時代

ECFA(台中経済協力枠組み取り決め)アーリーハーベスト、500項目で合意。
物品貿易に関するアーリーハーベストの実施など規定され、中国側から台湾側への関税低減は539項目、輸出総額で138.3億米ドル、台湾側から中国側への関税低減は267項目で輸出総額28.6億米ドル、サービス分野においても中国側11項目、台湾側9項目を開放することとなった。
日台は過去50年間にわたり企業の往来が非常に活発で、台湾にとって日本は最大の輸入相手国であり、また第4位の輸出相手国でもあります。
また、6月29日、中国重慶市で台湾―中国両地域間の自由経済協定「両岸経済協力協定」(ECFA: Economic Cooperation Framework Agreement)協議及び5つの同協議付属文書が調印されました。そのような台中関係の改善が続く流れの中、台湾企業とのアライアンスを活用した中国本土でのビジネス展開の可能性について解説いたします。

※本事業は横浜市からの委託で行っております。

■日 時 2010年8月26日(木)15:00〜17:00
■会 場 (財)横浜企業経営支援財団 大会議室(横浜市中区太田町2-23 横浜メディア・ビジネスセンター7階)
アクセス
■参加費 1000円/1名(「横浜型地域貢献支援事業」認定企業は無料)
■主 催 財団法人 横浜企業経営支援財団
台湾貿易センター東京事務所
■後 援 横浜商工会議所
ジェトロ横浜
■問合せ (財)横浜企業経営支援財団 国際ビジネス支援部 担当:高山/任(にん)
電話:045-225-3730   FAX:045-225-3737
〜プログラム&講演概要〜
・講演1 「中国と台湾ECFAの最新動向」
台北駐日経済文化代表処 経済組 / 組長  余吉政 
・講演2
「日台企業の連携で中国市場開拓を-日台ビジネス・アライアンス」
台湾貿易センター東京事務所 所長 陳 英顕
■参加申し込みについて
こちらのフォームよりお申し込みください。
FAXによるお申し込みは、こちらのフォームをダウンロードしてご使用ください
→参加申込書【PDF(141KB)/word
■お問い合わせ
(財)横浜企業経営支援財団 国際ビジネス支援部
〒231-0011 横浜市中区太田町2-23 横浜メディア・ビジネスセンター7F
TEL:045-225-3730  FAX:045-225-3737  

グローバルビジネスサロン トップに戻る

Copyright(c) 1990-2008 Yokohama Industrial Development Corporation. All Rights Reserved.