横浜ワールドビジネスサポートセンター

OPEN YOKOHAMA

HOME

アクセス

横浜ワールドビジネスサポートセンター(WBC)では、横浜進出や市内企業とのビジネスを進める海外企業・個人の皆様を対象に、海外ビジネスに有用な各種情報の提供、輸出入や販路拡大、または投資・技術提携などの相談、オフィススペースの提供など、様々な海外ビジネス支援サービスを提供しております。

横浜WBCの運営主体は横浜市経済局であり、運営受託業者は(株)メディカルアソシアです。

レンタルオフィス

海外ビジネス相談

引き合い情報

メールマガジン

Event近日開催される、セミナー・イベント等のご案内

2014/04/17-2014/05/25

「人と車のテクノロジー展2014」セミナー開催のお知らせNEW!

ミシシッピ州政府駐日代表事務所は、5/21(水)〜23(金)にパシフィコ横浜展示ホールにて開催される「人と車のテクノロジー展」に出展致します。
22日(木)には以下詳細にて当事務所主催のセミナーを開催致しますので、皆さま是非ご来場下さい。

講演テーマ : 「日産のグローバル生産戦略とミシシッピ州キャントン工場について」
講演者 : 日産自動車株式会社 生産事業本部 生産企画部 部長
     経営企画本部 経営企画室 主管
     宇都宮 康夫(ウツノミヤ ヤスオ) 氏
日 時 : 2014年5月22日(木) 15:30〜16:00
会 場 : パシフィコ横浜 アネックスホール F202

◆キャントン工場◆ 投資額:26億ドル、現地雇用者数:約5,600人
昨年創立10周年を迎え8車種・年間約45万台を生産、累計生産台数:260万台以上

「お客様への限りない同期」に代表されるNPW(日産生産方式)の基本理念と地産地消を原則とした日産自動車のグローバル生産戦略の展開に基づいて「日産の成長戦略の柱になる重要拠点」として2003年に建設したミシシッピ州キャントン工場の役割と展望を紹介致します。

尚、セミナーのご参加には事前登録が可能です。以下のサイトからご登録下さい。
https://expo.jsae.or.jp/outline/touroku/

EventWBCからのお知らせ

米国ミシシッピ州政府駐日代表事務所からのお知らせNEW!

■日産自動車がミシシッピ州工場のあるCANTONに新たなサプライヤーパークの建設を発表

ブライアント州知事と日産自動車は、日産自動車自動車製造工場のあるCANTONにサプライヤーパーク建設の起工式を行いました。今回のプロジェクトにより現地ではこれまでに採用済みの400人に加え、今後新たに400人の雇用が予定されており、合計800人の雇用が生まれることになります。投資総額は5,000万ドル以上となる見込みで、日産にとっても北米で最初のサプライヤーパーク建設となり、敷地面積は100SQUARE FOOTを予定しています。
NISSAN PARKWAY出口に建設されるこのサプライヤーパークはCANTONにある既存サプライヤーの物流インフラの改善にもなり、将来のサプライヤー向け投資環境が一層整備されることになります。
式典でブライアント州知事は、「日産自動車は過去10年間でミシシッピ州に数千人の雇用を生み出し、多大の貢献をして頂いたが、今回のプロジェクトも新たな雇用創出に繋がり、州内の自動車産業の更なる発展に繋がると確信している。これまでの当地CANTONでの日産自動車の素晴らしい実績はミシシッピ州が同社にとっても最適の投資先であったことを証明するものであり、今後の更なる成功を祈念している。」と述べました。
ミシシッピ州政府開発局(MDA)は今回のプロジェクトに対しても、建設予定地及びそのインフラ整備、労働者の育成などについて出来る限りの支援を行いました。
日産はCANTON工場では約5,600人を雇用しており、ALTIMA、SENTRAなどの車を設立以来10年間で230万台以上生産しています。2014年度からは第9番目の車種としてMURANOも生産される予定です。


■横浜ゴム株式会社、米国ミシシッピ州に新タイヤ工場建設を発表

横浜ゴム株式会社は、米国における新規タイヤ工場建設場所として数多くの候補地の中からミシシッピ州を選定しました。
2013年4月29日、米国ミシシッピ州に建設を計画するトラック・バス(TB)用タイヤ工場に関し、州都ジャクソンから149マイルほど離れた工場建設予定地に近いウエストポイントリッツで、野地彦旬横浜ゴム社長、フィル・ブライアント知事並びに州関係者などが出席のもと、調印式が行われました。
新工場の年間生産能力は100万本。工場は500エーカーを越える土地に建設され、今年9月までに着工し、2015年10月からの生産開始が予定されています。初期設備投資額は3億米ドルですが、同工場は当初の雇用者数500人及び投資額を将来4倍まで拡大する可能性があります。
横浜ゴム株式会社は40年以上前に米国に参入し、1980年代にはバージニア州セーラムにタイヤ工場を取得するなどして成長を続け、今回、米国で初めて自社タイヤ工場の建設を始めることになりました。
調印式でブライアント州知事は、「横浜ゴム(株)がタイヤ製造拠点としてミシシッピ州を選んで頂いたことを名誉に思います。新工場はゴールデン・トライアングル地域及びミシシッピ州全体に大変大きなインパクトを及ぼすでしょう。高く尊敬される企業のミシシッピ州進出を歓迎すると共に末永いパートナーシップを期待しています」と述べました。

<お問い合わせ先>
米国ミシシッピ州政府駐日代表事務所
TEL:045-222-2047
E-Mail:ms@ywbc.org

WBC入居経済機関『ホーチミン市人民委員会サイゴン商業公社駐日事務所』が日本語ホームページを開設しました!

WBC入居経済機関『ホーチミン市人民委員会サイゴン商業公社駐日事務所(ベトナム)』が日本語ホームページを開設しました!

ホーチミン市人民委員会サイゴン商業公社駐日事務所HPはこちらからご覧ください。

横浜市の上海事務所が中国での情報発信ページを開設しました!

上海事務所が中国での情報発信をするホームページを開設しました。

横浜市上海事務所HPはこちらからご覧ください。

WBCのFacebookがスタートしました!


2011年8月1日(月)よりWBCの海外及び日本国内の外国人向けのFacebookがスタートしました。
こちらのページでは、WBCサービスのご案内、横浜市の概要や特徴、立地企業へのサポート、海外企業向けの最新のお知らせなどを英文で掲載していく予定です。

WBC Facebook ページはこちらからご覧ください。

只今 入居企業募集中NEW!

WBCでは現在入居企業を募集中です。

インキュベートオフィス詳細はこちら
入居企業リスト詳細はこちら

ページの先頭へ戻る

横浜ワールドビジネスサポートセンター (WBC)

横浜市中区新港2丁目2-1 横浜ワールドポーターズ 6F
Tel: 045-222-2030  Fax: 045-222-2088
E-mail: open@ywbc.org